2021年3月号

AIが真の同僚となる日

人と機械の信頼を育む4段階

ボリス・バビッチ

ボリス・バビッチ

INSEAD 助教授

専門は、意思決定科学。

ダニエル L. チェン

ダニエル L. チェン

トゥールーズスクール・オブ・エコノミクス シニアリサーチャー

トゥールーズスクール・オブ・エコノミクス(TSE)高等研究所のシニアリサーチャー。世界銀行のデータ・アンド・エビデンス・フォー・ジャスティス・リフォーム(DE JURE)プログラムにおいて首席調査員を務める。

テオドロス・エフゲニュー

テオドロス・エフゲニュー

INSEAD 教授

専門は、意思決定科学およびテクノロジーマネジメント。本稿で言及している投資会社、マーブル・バー・アセット・マネジメント(MBAM)の顧問を務める。

アン=ロール・ファヤール

アン=ロール・ファヤール

ニューヨーク大学 准教授

ニューヨーク大学タンドンスクール・オブ・エンジニアリングの准教授。専門は、イノベーション、デザイン、組織研究。

組織の生産性を高めるべく、人工知能(AI)を導入しようとする企業がますます増える中、仕事を奪われることに対する社員の不安は依然、払拭されていない。AIは人間を支援するために導入されるべきであり、そのことを明確化している企業は、生産性に関わるスピード、拡張性、意思決定の有効性において、他社を大きくリードしている。筆者らは、AIを社員の代替ではなく仲間として受け入れるには、新人のオンボーディング──戦力化のための研修プロセス──に倣うことを勧める。本稿では、AIの導入をスムーズにするためのアプローチを4段階に分けて解説するとともに、社員とAIが相互に教え合い、持続的に成長するための方法を提示する。
PDF論文:12ページ[約2,525KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない