2021年3月号

オンデマンド型の人材プラットフォームをどう活用するか

デジタルスキルの効率的な調達法

ジョセフ B. フラー

ジョセフ B. フラー

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

経営実務を担当し、「マネージング・ザ・フューチャー・オブ・ワーク」プロジェクトの共同チェアを務める。また、同スクールの企業幹部向け教育プログラム「リーディング・アン・アジャイル・ワークフォース・トランスフォーメーション」でも教授陣の共同チェアを務める。

マンジャリ・ラーマン

マンジャリ・ラーマン

ハーバード・ビジネス・スクール「マネージング・ザ・フューチャー・オブ・ワーク」プロジェクト プログラムディレクター

ハーバード・ビジネス・スクールの「USコンペティティブネス」プロジェクトおよび「マネージング・ザ・フューチャー・オブ・ワーク」プロジェクトのプログラムディレクター兼シニアリサーチャー。

アリソン・ベイリー

アリソン・ベイリー

ボストン コンサルティング グループ マネージング・ディレクター兼シニア・パートナー

同グループの人材および組織慣行のグローバルリーダーも務めている。

ニティヤ・バデュガーナサン

ニティヤ・バデュガーナサン

ボストン コンサルティング グループ マネージング・ディレクター兼パートナー

ハーバード・ビジネス・スクール「マネージング・ザ・フューチャー・オブ・ワーク」のボストン コンサルティング グループ(BCG)フェローも務める。本稿で言及されたいくつかの企業は、BCGのクライアントである。

急速な自動化とデジタル・トランスフォーメーションによる企業の人材不足という問題を解消すべく、高度なスキルを持つ労働者へのアクセスをオンデマンドで提供する、新世代の人材プラットフォームが数多く出現している。多くの企業がこれらプラットフォームを利用するようになっているが、その活用に関して確固たる方針を持っている企業はほとんどない。筆者たちはこうしたプラットフォームが出現した背景を分析したうえで、その利点を特定し、利用企業に対するアドバイスを示している。これまでの企業の制度とは相容れないところも大きいプラットフォームの活用に、必要なものは何だろうか。
PDF論文:10ページ[約1,309KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない