2005年11月号

「愛すべき愚か者」と「有能な嫌われ者」の活用

部下を好き嫌いで判断してはならない

ティツィアーナ・カシャーロ

ティツィアーナ・カシャーロ

ハーバード・ビジネススクール 助教授

ミゲル・ソウザ・ロボ

ミゲル・ソウザ・ロボ

デューク大学 フュークア・スクール・オブ・ビジネス 助教授

だれもが部下や同僚を「実力を評価する」と言うが、その実態を調査したところ、建前でしかなかった。実際には「有能な嫌われ者」よりも「愛すべき愚か者」のほうが重宝されていたのである。しかし、この状況は改善できる。まず上司は好き嫌いで判断することをやめ、コーチングなどによって長所を伸ばしながら短所を矯正すれば、有意義なコラボレーションが実現する。

ティツィアーナ・カシャーロハーバード・ビジネススクール 助教授

ミゲル・ソウザ・ロボデューク大学 フュークア・スクール・オブ・ビジネス 助教授

PDF論文:8ページ[約1,471KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない