2005年11月号

CEOの「発掘・育成・選抜」のプロセス

企業目標と候補者の能力をフィットさせる

ラム・チャラン :コンサルタント

ラム・チャラン

コンサルタント

CEOのサクセッション・プラン、すなわち発掘・育成・選抜のプロセスは体系的なものではなく、概して場当たり的である。GEやP&G、J&J、コルゲートなど、好業績を持続している企業には、優れた後継者育成プログラムがある。この重要課題こそ、ベスト・プラクティスに学ぶべきだ。筆者は、数々のCEO交替に関わり、またリーダー育成を支援してきたその経験から多くの後継者選びのプロセスに共通する問題点を指摘し、ベスト・プラクティスをひもときながら、その要諦を論じる。

ラム・チャランコンサルタント

PDF論文:14ページ[約1,961KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない