不妊治療という経験

 不妊症は、世界保健機関(WHO)が認定している疾病の一つだ。WHOの定義によれば、避妊を行わずに性交をしていても1年にわたり妊娠に至らない状態を指す。

 治療法としては、過酷なホルモン療法、自宅での毎日の注射、頻繁な通院による採血と超音波診断(急な通院が必要になることも少なくない)、そして手術などがある。治療開始後数カ月で健康な妊娠を遂げられるカップルがある半面、何年も不妊治療を続けなくてはならないカップルも多い。

 不妊症の約35%には男性側の要因も寄与しているが、ほとんどの場合、女性が治療を受ける必要がある。不妊カップルの男性も過酷な経験をしていて、本稿の提案により恩恵を受ける可能性があることは事実だが、以下では女性を取り巻く状況を中心に論じたい。

 いま唯一、妊娠率が上昇している層は、40代の女性だ

 雇用市場における競争が激しくなる中で、キャリアの土台を築く必要がある若い時期には、長時間労働をし、頻繁に出張に出掛け、教育を受けるために多くの時間を割かなくてはならない場合がある。

 女性にとって、この時期は子育てに最適な時期と重なることが多い。その結果、「キャリアか、子どもか」という二者択一の選択を強いられていると感じる女性もいる。そうした中で、キャリアの土台を築けるまで出産を先延ばしにすることが賢明だと感じる女性も増えている。

 子づくりを遅らせることが功を奏するケースも多いが、問題は、35歳以降、女性の妊娠しやすさが急激に落ち込むことだ。子どもをつくりたい女性にとって、不妊治療を受ける必要性は、年齢を重ねるにつれて高まっていく。ところが、不妊治療の成功率は年々低下していくので、しばしば長期にわたって治療を続けなくてはならなくなる。

 不妊治療が長引くと、肉体的な副作用に加えて、治療の失敗が延々と続くことのストレスが積み重なり、女性の情緒面の健康にも甚だしいダメージが及びかねない。

 カップルにとっては、経済面の負担もきわめて大きい。不妊治療情報サイトの「ファーティリティIQ」の調べによれば、体外受精を成功させるために必要なコストは平均して5万ドルにも上るという。

 しかも、問題はこれだけにとどまらない。これらの問題が原因で、女性とパートナーの関係が損なわれる場合があるのだ。研究によると、不妊治療の失敗を経験したカップルは、不妊治療が功を奏したカップルに比べて、離婚したり、同棲を解消したりする確率が3倍も高いという。

 このような事情を考えれば不思議ではないが、不妊症を経験した女性のおよそ半分がそれを人生で最もつらい経験と位置づけ、61%がそれを離婚よりもつらい経験だったと答えている。