2021年2月号

組織のレジリエンスを高める方法

エベレスト登頂チームの研究から導いた

フェルナンド F. スアレス

フェルナンド F. スアレス

ノースイースタン大学 ダモア・マッキム・スクール・オブ・ビジネス 教授

ノースイースタン大学ダモア・マッキム・スクール・オブ・ビジネスのジーン C. テンペル記念講座教授。専門は起業理論とイノベーション。

ホアン S. モンテス

ホアン S. モンテス

ボストン・カレッジ キャロルスクール・オブ・マネジメント 准教授

ボストン・カレッジのキャロルスクール・オブ・マネジメントの准教授(実務家教員)。

成功している組織にはたいてい文化に根付いた業務手順があるが、不確実な状況や危機下ではどうしても崩れがちになる。そこで、次の危機に見舞われる前に、既存の業務プロセスを細部まで体系的に見直し、代替案を試しておくのが賢明だ。業務遂行の3つの手法──ルーチン、ヒューリスティックス、即興──を臨機応変に組み合わせ、使いこなすためのヒントを紹介する。
PDF論文:11ページ[約982KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない