2005年11月号

シーメンス:GEに学び、ドイツの価値観を守る

「眠れる巨人」の変革

ハインリッヒ・フォン・ピーラー :シーメンス 監査役会会長、前CEO

ハインリッヒ・フォン・ピーラー

シーメンス 監査役会会長、前CEO

シーメンスは、創業一五〇余年の歴史と何よりその優れた技術力を誇ってきたが、長らく業績は低迷していた。これを見事復活させたのがハインリッヒ・フォン・ピーラーである。「ナンバー・ワンか、ナンバー・ツー以外の事業からは撤退する」という考えの下、果敢にリストラを進める一方、アメリカで上場を果たすなど、ドイツ企業の「アメリカ化」ともいえる改革を推し進めた。しかしピーラーは、その根底に揺るぎないドイツの価値観があったからこそ成功したと語る。

ハインリッヒ・フォン・ピーラーシーメンス 監査役会会長、前CEO

PDF論文:14ページ[約1,589KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない