2020.12.21

遠隔コミュニケーションの「バースト性」をどう高めるか

リモートチームの成功を左右する3つの概念

クリストフ・リーデル

クリストフ・リーデル

ノースイースタン大学 ダモア・マッキム・スクール・オブ・ビジネス 准教授

画像

同大学コーリー・カレッジ・オブ・コンピュータサイエンスの准教授を兼任。研究テーマは、集合知、クラウドソーシング、および仕事の未来における人工知能の役割を含む企業のデジタルトランスフォーメーション。

アニータ・ウィリアムズ・ウリー

アニータ・ウィリアムズ・ウリー

カーネギーメロン大学 テッパー・スクール・オブ・ビジネス 准教授

画像

組織行動学および組織論を担当。研究テーマは、集合知、チームのダイバーシティとコラボレーション、チーム機能を強化するための人工的な社会的知性の開発。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

DHBR2021年3月号『人を活かすマネジメント』発売!
定期購読のご案内
メルマガのご案内
EIシリーズ最新刊『パーパス』
新型コロナウイルスの危機をどう乗り越えるか
デジタル時代のHR戦略
デジタルトランスフォーメーションの衝撃
論文セレクション

アクセスランキング

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

2021年3月号

特集:人を活かすマネジメント

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによっては販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合もございます。)

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない