2012年5月号

幸福の経済学

「幸せ」はGDPで測れない

ジャスティン・フォックス :ハーバード・ビジネス・レビュー・グループ エディトリアル・ディレクター

ジャスティン・フォックス

ハーバード・ビジネス・レビュー・グループ エディトリアル・ディレクター

国家の成功の尺度は長い間、国の経済産出量のドル換算額、すなわち、当初はGNP(国民総生産)、後にはGDP(国内総生産)で表されてきた。これは、かつての軍事的勝利によるランク付けよりも優れた方法だった。しかし現在、GDPは攻撃の的になっている。その批判は次の3つに集約される。(1)GDPはそれ自体欠陥のある指標である、(2)持続可能性や持続性を考慮に入れていない、(3)進歩と開発の測定には別の指標のほうが優れている場合がある、というものである。 他方、心理学的研究を重要視する行動経済学が台頭し、経済学者と国家のリーダーたちは、国の状態を別の基準で、しかも「幸福」のような曖昧とも思える概念で測定しようと試みている。たとえば、UNDP(国際開発計画)のHDI(人間開発指数)の取り組みや、GNH(国民総幸福量)の最大化に熱心なブータン王国の例などが挙げられる。このように、GDPの代替案について各界で真剣な議論が高まっており、経済政策に実際的な影響を与えるようになるかもしれない。

ジャスティン・フォックスハーバード・ビジネス・レビュー・グループ エディトリアル・ディレクター

PDF論文:9ページ[約1,643KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない