ステップ4:
より大きな変化を探る

 コロナ禍が教えてくれたことを挙げるとすれば、それは残酷なほど正直に自分の優先順位を考える必要があるということだ。

 それには、実家の近くに引っ越す、あるいは両親に自分の近くに引っ越してきてもらう、もっと必要なサポートを得られる街や地方に引っ越すことも含まれるかもしれない。

 たしかに簡単にできることではなく、あなたの職場が引っ越しに対応してくれるかも含めて、解決しなければならないロジスティクスの問題が無数にある。だが、実際に行動に移した人たちは、人生が大きく変わったと肯定的に評価することが多い。私たちも、検討すべき選択肢として残しておくべきだろう。

 私は無意識のうちに「いまは、いい選択肢がない」とつぶやいていることが多い。それでも「毎回、ベストを尽くすしかない」と。

 コロナ禍を乗り切るのを助けてくれる人を探すのも、同じだ。1つのアプローチを試してみるのもよいし、全部試すのもよい。この変わりゆく状況の中で、自分の家族にとって何が最善なのかを見極めるしかない。

 いまほど、子育てが絶え間なく続き、大きな負担になることはなかっただろう。しかし、子育てチームのクリエイティブなチームワークがあれば、ともに乗り切ることができる。


HBR.org原文:How to Find and Form a "Parenting Posse", October 22, 2020.


■こちらの記事もおすすめします
働く親には信頼できるメンターを集めた「取締役会」が必要だ
不確実な状況でキャリアと子育てを両立する3つのステップ
家族会議で「アジャイル」を実践する3つのポイント
DHBR2020年2月号特集「デュアルキャリア・カップルの幸福論」