2005年12月号

戦略と業績を乖離させない七つの法則

予算の未達を防ぐ

マイケル・C・マンキンズ

マイケル・C・マンキンズ

マラコン・アソシエーツ マネージング・パートナー

リチャード・スティール

リチャード・スティール

マラコン・アソシエーツ パートナー

多くの企業が膨大な時間とエネルギーをかけて戦略を構築するが、努力に見合った実績を上げる企業は少ない。戦略と実績がギャップする原因を把握できず、判断を誤るためだ。言い換えれば、この溝を埋められれば、業績達成の可能性は大きく高まる。シスコシステムズ、ダウ・ケミカル、3Mなどはそのプロセスを構築し、リスクを最小限に抑え、高業績を継続している。本稿では、彼らが忠実に実行する、七つのルールを解説する。

マイケル・C・マンキンズマラコン・アソシエーツ マネージング・パートナー

リチャード・スティールマラコン・アソシエーツ パートナー

PDF論文:12ページ[約1,272KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない