2021年1月号

ESGのパフォーマンスをどう評価するか

リスクを的確に見極める

サイモン・マクマホン :サステナリティクス エグゼクティブバイスプレジデント

サイモン・マクマホン

サステナリティクス エグゼクティブバイスプレジデント

ESG(環境、社会、ガバナンス)の調査・評価機関であるサステナリティクスのエグゼクティブバイスプレジデント。ESGリサーチ部門の責任者でもある。

企業のESG(環境、社会、ガバナンス)パフォーマンスを評価することの重要性は、次第に高まっている。今日では、企業が投資を受ける場合に留まらず、収益や評判を左右する要素としてもESGが認知されるようになった。ESGのパフォーマンス評価を行う際は、対象企業がどのようなリスクにさらされているか、またそのリスクをどのように管理しているかを精査する。企業においては、事業に関係する重大なESGリスクを把握することが課題であると筆者は説く。
PDF論文:4ページ[約1,209KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない