2021年1月号

なぜリーダーは思い通りに権限を行使できないのか

パワーは状況や関係に応じて動的に変化する

エリザベス・ロング・リンゴ

エリザベス・ロング・リンゴ

ウースター工科大学 助教授

革新的リーダーシップと創造的企業論を担当。

キャスリーン L. マッギン

キャスリーン L. マッギン

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ハーバード・ビジネス・スクールのカーナーズ・ラブ記念講座教授。経営管理論を担当。また、上級副学部長として教員戦略および採用を担当している。

リーダーが権限通りに周囲を動かせず、物事が思い通りに進まないと悩むことは少なくない。なぜなら、リーダーの持つ「パワー」とは、地位や肩書きによって決められた絶対的なものではなく、その時々の状況や相手との関係によって変化するものだからだ。また、リーダーの影響力は常に同じではなく、組織や社会の変化に適応させなくてはならない。本稿では、パワーの特徴である「状況的」「関係的」「動的」の3側面から、リーダーが効果的にパワーを行使し、仕事で成功するためのアプローチを探る。
PDF論文:14ページ[約940KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない