2020.12.01

自律型ロボットは消費者の幸福度を本当に高めるのか

マーケティングで実践すべき3つのポイント

アシュレー・ウィランズ

アシュレー・ウィランズ

ハーバード・ビジネス・スクール 助教授

画像

交渉・組織・市場ユニットに所属。時間、お金、幸福を中心に研究。2020年10月、初の著書Time Smart(未訳)が刊行された。

エマヌエル・デ・ベリス

エマヌエル・デ・ベリス

ローザンヌ大学 助教授

マーケティングを担当。研究テーマは、自律型の製品に対する消費者の認識と使用。心理学とテクノロジーの歴史、そして新しいテクノロジーが未来の社会をどう形成するかに関心を持つ。

ファビアン・ニンドル

ファビアン・ニンドル

ウィーン経済・経営大学 助教授

画像

マーケティングを担当。研究テーマは、テクノロジー主導の消費者行動とパーパスドリブン型マーケティング、スポーツリテイリング。

トビアス・シュラーガー

トビアス・シュラーガー

ローザンヌ大学 HECローザンヌ 助教授

マーケティングを担当。ザンクトガレン大学で主にマーケティングを研究し、ビジネスの博士号を取得。テクノロジーが介在する環境における消費者の意思決定と、ゲーミフィケーション、社会的相互作用、仮想現実などの新しい現象がもたらす結果を中心に研究。これまで『ジャーナル・オブ・アカデミー・オブ・マーケティング・サイエンス』『ジャーナル・オブ・コンシューマー・サイコロジー』『ジャーナル・オブ・マネジメント・インフォメーション・システムズ』『ジャーナル・オブ・マーケティング』で研究成果を発表している。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

DHBR2021年3月号『人を活かすマネジメント』発売!
定期購読のご案内
EIシリーズ最新刊『パーパス』
新型コロナウイルスの危機をどう乗り越えるか
デジタル時代のHR戦略
デジタルトランスフォーメーションの衝撃
論文セレクション

アクセスランキング

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

2021年3月号

特集:人を活かすマネジメント

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによっては販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合もございます。)

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない