2005年12月号

コラボレーションの成否は「取引コスト」が左右する

〈リナックス〉とトヨタ生産方式に学ぶ

フィリップ・エバンス

フィリップ・エバンス

ボストン コンサルティング グループ シニア・ヴァイス・プレジデント

ボブ・ウォルフ

ボブ・ウォルフ

ボストン コンサルティング グループ ボストン支社長

コラボレーションは、言うまでもなく高業績組織の条件の一つだ。しかし、なかなか実現しないのが現実である。〈リナックス〉とトヨタのコミュニティを見てみると、各メンバーが自律的に行動し、まるで指揮者のいないオーケストラ、「オルフェウス交響楽団」のごとく、自然なコラボレーションが成立している。なぜなら、取引コストが限りなくゼロに近づくような環境が実現しているからだ。

フィリップ・エバンスボストン コンサルティング グループ シニア・ヴァイス・プレジデント

ボブ・ウォルフボストン コンサルティング グループ ボストン支社長

PDF論文:14ページ[約2,393KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない