日本企業におけるIT領域のマネジメントは、依然としてレガシーシステムの保守・管理、更新に主眼が置かれており、企業や組織の壁を越えて大量のデータや情報をつなぎ合わせ、エコシステムの形成や新規ビジネスを機動的にサポートできる体制になっていないのが実情だ。デジタル化の進展とコロナショックが、組織や業界を超えたつながりを前提とした新たなビジネスモデルの進化を加速させる中、経営者が取り組むべき課題として重要性が高まっているものが、ITアーキテクチャの再構築を前提とした、APIマネジメントだ。

根岸 弘光:デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 パートナー
Hiromitsu Negishi

グローバル展開する製造業・通信業を中心に、デジタル時代のビジネス変革、およびクラウド活用視点からのシステムアーキテクチャ変革のコンサルティングに従事している。ビジネス改革構想立案から業務設計、システム導入推進、現場定着化まで一貫したサービス提供に強みを持つ。

コロナショックで高まるITアーキテクチャの重要性

「所有価値から使用価値へ」「モノからサービスへ」。そんな掛け声の下、サブスクリプション(定期課金)モデルのビジネスが花盛りだ。大容量の通信回線やクラウドといったデジタルインフラの普及を背景に、ソフトウェアや音楽や映像コンテンツといったデジタル領域から火が付いたサブスクリプション化のトレンドは、いまや、モビリティ、ファッション、家電、飲食といったリアルな領域にも広がっている。業種を超えたサービスも重層的に組み込まれるようになっており、サービスの多様化と高度化が進む。

 この流れを、コロナショックがさらに加速させている。世界中に広がった「ステイホーム」の大号令は、多くの人にリモートワークやオンライン授業を強制的に体験させ、デジタルシフトを強力にけん引した。その結果、ユーザー数を爆発的に増やした一部のサービスがある一方で、参入障壁の低いサービスの競争は激化し、継続的に価値を提供できないサービスは早々に市場からの退場を迫られている。これにより、サブスクリプションモデルの「質」の差が明暗を分けているわけだが、それを左右する最大の要素がITアーキテクチャだ。

 新たなニーズに対応する新たなサービスを提供するには、単にこれまで提供していた「モノ」を「サービス」と言い換えて定期課金の仕組みを作ればいいというものではない。サービスのコンセプトがどれほど優れていても、ユーザーの急激な増減や、ニーズの変化への対応が後手に回れば、ユーザーはすぐ見切りをつけて去っていく。ユーザーとの継続的な関係構築を前提としたサブスクリプションのようなデジタル時代のサービスへの満足度を維持するためには、ニーズを捉えて小さく始め(Start small)、状況に応じてすぐ拡張でき(Scale fast)、さらに機敏な変化への対応が可能なテクノロジー基盤の構築が不可欠なのだ。「何を提供するか」と「どう提供するか」はもはや不可分となっており、ビジネスにおけるITアーキテクチャの重要性はかつてなく高まっているといえよう。