2006年1月号

いまこそイノベーション力が問われる

ガースナー改革からパルミサーノ改革へ

大歳 卓麻 :日本アイ・ビー・エム 代表取締役社長

大歳 卓麻

日本アイ・ビー・エム 代表取締役社長

二〇〇四年に公開された、イノベーションが競争力を高めることを謳った「パルミサーノ・レポート」が日本でも話題になっている。しかし、旧くて新しい課題であるイノベーションは「言うは易し、行うは難し」である。それは、イノベーションは計画して必ず成し遂げられるものではないからだ。IBMではイノベーションを企業のあらゆるところで推進するため、新しい価値観に「私たち、そして世界に価値あるイノベーション」を掲げた。ガースナー改革から社内に浸透したイノベーションへの意識が、パルミサーノ改革で新しい価値観としてIBMのDNAとして組み込まれたのだ。

大歳 卓麻日本アイ・ビー・エム 代表取締役社長

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない