APIエコノミーを生き抜くデータと技術の「使いこなされ力」

森 亮
Ryo Mori
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 パートナー

デロイト トーマツ グループ dX推進室リーダー。外資系コンサルティングファームで20年超のキャリアを有し、「戦略×テクノロジー」領域でのコンサルティング経験に加え、クラウドビジネス、アドバンスト・アナリティクス、IoTなどに関する豊富な見識と実績を持つ。近年では主に、企業のデジタルトランスフォーメーション(dX)を支援すべく活動を展開するほか、デジタル化やIoTの最新トレンド研究を踏まえ、戦略策定や変革テーマ導出のプロジェクトを数多く手掛ける。

── 実装力を付けるために、まず取り組むべきことは何でしょうか。

 ビジネスやサービスをスケールさせるためには、あらゆるものをインテグレーションし、オートメーションして情報流通を促す基盤が必要です。まずは、社内外の多様なテクノロジーをつなぎ込むための関連技術を集積したデジタルプラットフォームをクラウド上に構築することを急ぐべきだと思います。自社が保有するあらゆるデジタル資産を外部にやすやすと流通できる形にトランスフォームし、他社に広く活用してもらえるような活動があらゆる産業で進んでいけば、「APIエコノミー」のような新しい経済圏のもので、更なるデジタルビジネスの創出や新しい価値創造が進んでくものと期待されます。

 この際、スタートアップや新しい技術などをいかに目利きして自社につないでいくかという「使いこなし力」だけでなく、自社のデータや技術を能力のある外部のプレイヤーにいかに使ってもらうかという「使いこなされ力」を同時に磨くことも重要です。新しい経済圏において、自社のデジタル資産を如何に使ってもらえるか・価値貢献できるかが、デジタル化が拡大する両極化の時代に問われる存在意義である、というわけです。

── このたび出版された『両極化時代のデジタル経営』では、デジタルを駆使することで、これまでのような「選択と集中」ではない、ビジネスの射程を見定める意思決定の新しいモデルについて描かれています。

 経営リソースは有限ですから、それを適切に配分するためにも「選択と集中」は欠かせません。しかし、デジタルの進展が、より細かく短いサイクルで機動的に「選択と集中」を繰り返すことを可能にしました。だからこそ、スモールスタートでどんどん試しながら「選択と集中」を推進していくことが重要となるでしょう。これは、松江・藤井が語っていたズームイン(短期)の視点にも合致すると考えています。

 一方で、松江・藤井はズームアウト(長期)の視点も必要であり、長期と短期、双方の時間軸とそのつながりを意識する必要があると語っていました。マクロな選択においても、大きな社会課題と結びついた目標を立て、デジタルというドライバーを効かせれば、小さく始めたことが一気にスケールする可能性が高まっています。デジタルはむしろ、ビジネスにおける選択と集中の重要性と威力を増大させたといえるのではないでしょうか。

(後編につづく)
今こそ、経営を根本から変える真のデジタル変革を(後編)