2020年12月号

サプライチェーンの持続可能性を高める方法

労働から安全衛生、環境まで、リスクに全体で取り組む

ベロニカ H. ビリェナ

ベロニカ H. ビリェナ

ペンシルバニア州立大学 助教授

ペンシルバニア州立大学スミール・カレッジ・オブ・ビジネスの助教授。サプライチェーンマネジメントを担当。

デニス A. ジョイア

デニス A. ジョイア

ペンシルバニア州立大学 教授

ペンシルバニア州立大学スミール・カレッジ・オブ・ビジネスのロバート・アンド・ジュディス・オーリット・クライン記念講座教授。経営学を担当。

完成品メーカーである多国籍企業は1次サプライヤーのみならず、2次以下も含めたサプライチェーン全体にサステナブルな手法が浸透することを求めているが、その実現はなかなか難しい。筆者らが、さまざまな業界を代表する「サステナビリティのリーダー」3社を調査したところ、多くのサプライヤーが基準を遵守できていなかった。末端のサプライヤーまで続くサステナビリティをいかに実現すればよいのか。多国籍企業3社の取り組みをもとに、優れた手法をサプライチェーン全体に広めるためのベストプラクティスを探る。
PDF論文:12ページ[約913KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない