2020年12月号

ブロックチェーンでサプライチェーンの課題をどう解決するか

不正やミスをリアルタイムで検知できる

ビシャル・ガウル

ビシャル・ガウル

コーネル大学 サミュエル・カーティス・ジョンソン経営大学院 教授

コーネル大学サミュエル・カーティス・ジョンソン経営大学院、SCジョンソン・カレッジ・オブ・ビジネスのエマソン記念講座教授。製造管理およびオペレーション・技術・情報管理を担当。

アビナフ・ガイハ

アビナフ・ガイハ

グーグル プロダクトマネジャー

ブロックチェーンは、暗号通貨ネットワークを支えるデジタル記録管理技術として知られるようになったが、実はサプライチェーン管理の分野でも大きな可能性を秘めている。この分野のリーダー企業として、積極的にブロックチェーンを導入している大手企業7社を調査したところ、トレーサビリティの強化、効率やスピードの向上、資金調達の利便性など、大きなメリットがあることが明らかになった。既知の関係者に参加者を限定した許可型サプライチェーンにブロックチェーンを用いることで、いかにパフォーマンスを向上できるかを論じる。
PDF論文:12ページ[約3,112KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない