2020年12月号

「予測」の力で競争優位を持続する方法

機械学習の可能性を最大限に引き出す

アジェイ・アグラワル

アジェイ・アグラワル

トロント大学 ロットマンスクール・オブ・マネジメント 教授

トロント大学ロットマンスクール・オブ・マネジメントのジェフリー・テイバー記念講座教授で、専門は経営戦略とアントレプレナーシップ。クリエイティブ・ディストラクション・ラボの創設者。

ジョシュア・ガンズ

ジョシュア・ガンズ

トロント大学 ロットマンスクール・オブ・マネジメント 教授

トロント大学ロットマンスクール・オブ・マネジメントのジェフリー S. スコール記念講座教授で、専門は技術革新とアントレプレナーシップ。クリエイティブ・ディストラクション・ラボのチーフエコノミスト。

アビィ・ゴールドファーブ

アビィ・ゴールドファーブ

トロント大学 ロットマンスクール・オブ・マネジメント 教授

トロント大学ロットマンスクール・オブ・マネジメントの教授で、専門は人工知能とヘルスケア。クリエイティブ・ディストラクション・ラボのチーフデータサイエンティスト。

人工知能(AI)の重要な要素である機械学習。AIベースの事業やサービスを展開する企業が、競争優位を持続するには、機械学習から導き出される「予測」の競争優位を確保し続けることが求められる。本稿では、競争優位が持続可能か否かを確認するための3つの問いを提示する。同時に、それらの問いには後発企業でも、先発企業や大手企業に肩を並べ、新たな市場を切り拓くことさえ可能となる、アプローチ方法の手がかりが埋もれているという。
PDF論文:10ページ[約1,040KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない