2020年12月号

困難な交渉から果実を得る戦略的アプローチ

多種多様な影響力を行使する

ジョナサン・ヒューズ

ジョナサン・ヒューズ

バンテージ・パートナーズ パートナー

戦略的パートナーシップや複雑な交渉を専門とするグローバルなコンサルティング会社、バンテージ・パートナーズのパートナー。

ダニー・アーテル

ダニー・アーテル

バンテージ・パートナーズ パートナー

戦略的パートナーシップや複雑な交渉を専門とするグローバルなコンサルティング会社、バンテージ・パートナーズのパートナー。

重要な取引に臨むには、相手の情報を調べたり、交渉の落とし所を決めておいたりと事前準備をする。しかし、後は「相手の出方次第」という受け身の態度では、難易度の高い交渉で目標を達成できない。30年にわたって、武力紛争解決から巨額の商業取引まで、リスクもリターンも大きい複雑な交渉について助言してきた筆者らは、事前準備のみならず、最終合意に至るまでの戦略的アプローチが欠かせないと指摘する。交渉相手や取引範囲、相手組織の構成単位を見極め、多種多様な影響力を行使しながら最大限の果実を手に入れるにはどうすればよいか、交渉戦略の原則を伝授する。
PDF論文:11ページ[約2,599KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない