2006年1月号

卑屈な完全主義者の弊害

「神経症的インポスター」が現場を混乱させる

マンフレッド・F・R・ケッツ・ド・ブリース :INSEAD 教授

マンフレッド・F・R・ケッツ・ド・ブリース

INSEAD 教授

有能で業績を上げているにもかかわらず、まだまだ力不足ではないかという強迫観念に襲われる。成功した人物がそのような自覚を抱くことは特に珍しいことではない。しかし、それも度が過ぎると、自分だけでなく現場の部下たちの力もだめにしてしまいかねない。こうした「神経症的インポスター」の弊害は、管理者や助言者の対応次第で回避することができる。一見問題のない社員が陥る意外な落とし穴を見過ごしてはいけない。

マンフレッド・F・R・ケッツ・ド・ブリースINSEAD 教授

PDF論文:10ページ[約1,014KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない