2006年2月号

知的リーダーの肖像

名将に学ぶ知の技法

松岡 正剛 :編集工学研究所 所長

松岡 正剛

編集工学研究所 所長

知的リーダーとは、どういう人物なのだろうか。高度な知識や情報を得てマネジメントに生かす教養人、これが一般的なイメージだろう。しかし、それだけでは十分条件とはいえない。「編集工学」のパイオニア、松岡正剛氏は、知的リーダーとは知(知識・情報)を可視化して、ハンドリングできる人だと言う。本稿では、古今東西の数多い戦場のリーダーのなかから、「言霊の知」「風土の知」「ユートピックな知」「対抗する知」を代表する四人の人物を選び出した。彼らの知の方法論、すなわち知の関係性を発見する技法は優れて今日的であり、みずみずしさを失っていない。

松岡 正剛編集工学研究所 所長

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない