2006年3月号

GBSC:企業行動規範の世界標準

8つの基本原則を検証せよ

リン・ペイン

リン・ペイン

ハーバード・ビジネススクール 教授

ロヒト・デシュパンデ

ロヒト・デシュパンデ

ハーバード・ビジネススクール 教授

ジョシュア・D・マーゴリス

ジョシュア・D・マーゴリス

ハーバード・ビジネススクール 准教授

キム・エリック・ベッチャー

キム・エリック・ベッチャー

元 ハーバード・ビジネススクール リサーチ・アソシエート

いまや現代企業は、利益を追求するだけの経済機関を超えて、さまざまなステークホルダーの利益に配慮する社会機関へと変わっている。しかし、法を逸脱した行為、倫理にもとる行為が後を絶たない。このような状況から、国際機関や各国政府、市場監督機関や各種団体が企業のあるべき姿を示した行動規範を次々に発表している。
そこで筆者たちは、これらの行動規範23種類を分析し、その共通点と相違点を洗い出し、「グローバル・ビジネス・ガイドライン」(GBSC)という独自の行動規範を作成した。これは世界初の試みであり、行動規範を洗練していくうえできわめて有効である。本稿では、このガイドラインの策定プロセスをひも解きながら、現代企業に求められている倫理および行動について解説する。

PDF論文:13ページ[約1,562KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない