接触者追跡アプリは、対象のコミュニティでダウンロードした人々全員に、即座に価値をもたらすように設計されるべきである(一般にアプリの設計は、最初に使い始める人々に好きになってもらうことが重要であり、接触者追跡アプリにとってこの点はとりわけ重要である。プライバシーが保護されているということは、他に何人がそのアプリを使っているのかユーザーにはわからないということだからだ)。

 アプリがただちに価値を生み出す一つの方法として、地域ごとの感染情報を提供することがある。ユーザーはこれによってリスクを知ることができる。別の方法として、症状を追跡する機能を搭載することがある。ユーザーは自分の症状を入力すれば、医療機関に行くタイミングを通知してもらえるようになる。

 しかし、最善の方法は当然ながら、アプリで濃厚接触者をできる限り多く追跡できることだ。最初のステップとして優れているものは、アップルとグーグルが共同開発したプロトコルで、プライバシーに最も配慮した接触者追跡アプリの基準をつくるためのものである。

 現在このプロトコルは、すでにアプリをダウンロードした人々同士の接近だけを記録するように設定されている。しかし原理上は、iOSやAndroid OSをこのプロトコルを含んだバージョンに更新すれば誰もが利用できるはずだ。その後、ユーザーが接触者追跡アプリをダウンロードすれば、すでにアプリをダウンロードした人々との接触について有益な情報を得られるだろう。

 最後に、アプリの利用促進できわめて重要なのは、ユーザーの期待をうまくコントロールすることである。ウイルスにさらされたという通知を受信した際に、追加費用なしですみやかに検査を受けられるという期待に応えられれば、人々がアプリを受け入れる可能性は高い(欧州では医療サービスを無料で受けられる国も少なくないが、必ずしもすみやかに検査が受けられるとは限らない)。

 国営の医療サービスやコミュニティ(たとえば雇用企業)がアプリのユーザーに素早く安価な(または無料の)検査を提供すると約束すれば、アプリが迅速に受け入れられ、利用されるようになるかもしれない。

 接触者追跡アプリはパンデミックと戦うために不可欠な要素になりえるし、そうなるべきである。必要なのは、各国政府と地域コミュニティとの間でうまく連携された大規模かつ慎重な戦略であり、的を絞り、計画性をもって地域で展開し、即座に効果を上げることが重要である。

 さらに、広範な検査能力の拡充、およびプライバシーにも配慮した合理的かつ思慮に富むアプローチがあれば、接触者追跡アプリはパンデミックを収束させるうえで大いに貢献するだろう。


HBR.org原文:How to Get People to Actually Use Contact-Tracing Apps, July 15, 2020.


■こちらの記事もおすすめします
部下が新型コロナウイルス陽性と確認されたら何をすべきか
オフィス再開に向けて企業が自問すべき8つの問い
東アジア諸国はなぜ、新型コロナの拡大を抑制できるのか