「取締役会」のメンバーが決まったら、季節の挨拶にカードを送るだけでなく、連絡を取り合おう。ソーシャルメディアでつながることは、最も簡単で楽しいだろう。写真は、あなたと家族の近況を伝えるのに最適だ。

 さらに、たまにはもう一歩踏み込んで、彼らの友情とサポートに感謝を伝えたい。これは大切なプロセスだ。彼らの助言がどのように役に立ったか、知らせることも意味がある。

 手の込んだことは必要ない。メールを送るだけでいい。「あなたのアドバイスの通り娘の先生と話をしたら、本当にうまくいきました!」

 ただし、メンターに関する文章が必ず指摘しているように、あなたも贈り物を返すことが、力強いメンタリングの関係を維持するカギとなる。メンターだけでなく、彼らの関係先や、彼らがサポートしている専門家やコミュニティの組織に貢献することによって、恩を別の人に送ろう。

 メンターが参加しているチャリティー活動に寄付をしたり、彼らの子どもの学校の募金活動を支援してパイを買ったり、そういった簡単なことでかまわない。たとえば、素晴らしい小児科医を紹介してくれた人に、仕事の情報を教えることでお返しができるだろう。

 必要なときに相談できる友人や家族が、すでにいるだろう。彼らの存在を「取締役会」に拡大することは、難しくはない。意識の問題だ。

 少し考えて行動を起こせば、あなた専任の取締役会は、あなたの仕事と家庭の両方に、リソースや情報、感情的なサポートだけでなく、新しい考え方という冷静な視点を提供してくれる。


HBR.org原文:Working Parents, Your Family Needs a "Board of Directors", July 08, 2020.


■こちらの記事もおすすめします
働く親が人生の主導権を取り戻すためにやるべきこと
働く親は自分のアイデンティティのすべてを仕事に持ち込もう
家族会議で「アジャイル」を実践する3つのポイント