2020年10月号

思いやりのある解雇 10の心得

社員の自尊心を守りながら、公正に処する

ジョエル・ピーターソン :ジェットブルー航空 会長

ジョエル・ピーターソン

ジェットブルー航空 会長

スタンフォード大学経営大学院ロバート L. ジョス記念講座兼任教授も務める。マネジメントを担当。著書にEntrepre-neurial Leadership: The Art of Launching New Ventures, Inspiring Others, and Running Stuff, HarperCollins Leadership, 2020.(未訳)がある。本稿は同書の内容を翻案したものである。

筆者はジェットブルー航空が苦境に陥った際、筆頭取締役として当時のCEOに解雇を告げるなど、さまざまな状況で解雇を通告してきた経験を持つ。相手が経営幹部であれ現場の社員であれ、人に解雇を告げるのは楽しいものではない。日本では解雇の通告はそれほど頻繁ではないだろうが、組織再編や景気後退、あるいは個人の業績不振によって、リーダーは難しい決断を迫られ、相手にとって悪い知らせを告げなければならない時もある。筆者は、そうした場合に公正さと思いやりをもって相手を処すことの重要性を説き、有効かつ人道的な方法で解雇をするための心得を示している。
PDF論文:8ページ[約848KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない