2006年3月号

生き残る企業は「周辺視野」が広い

変化の予兆に気づく能力

ジョージ・S・デイ

ジョージ・S・デイ

ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授

ポール・J・H・シューメーカー

ポール・J・H・シューメーカー

ディシジョン・ストラテジーズ・インターナショナル 創立者兼会長

四〇年間、少女たちの心をとらえてきた〈バービー〉人形は、新興勢力の〈ブラッツ〉に押され、あっという間にそのシェアを失った。これは製造元のマテルが少女たちの嗜好の変化を見逃したからにほかならない。このような危機はひそかに忍び寄ってくるが、必ず何らかの予兆がある。これをキャッチできるか否かが、勝敗を分けるのだ。そのためには、「周辺視野」の重要性を認識し、組織的に身につける必要がある。本稿では、周辺視野の強化法と、その測定法について紹介する。

ジョージ・S・デイペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授

ポール・J・H・シューメーカーディシジョン・ストラテジーズ・インターナショナル 創立者兼会長

PDF論文:14ページ[約1,605KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない