2012年12月号

セールス・モチベーション3.0

創造的で複雑な仕事に歩合制は馴染まない

ダニエル H. ピンク :著述家

ダニエル H. ピンク

著述家

歩合制は、営業担当者のやる気を引き出す最もよい方法だと考えられてきたが、これは真実だろうか。根拠に基づくものではなく、過去からのしきたりを引きずっているだけではないだろうか。 動機づけについては、この30年間さまざまな研究がなされてきたが、そこでわかったのは、動機づけ要因の効果は仕事の種類によって異なることである。「○○をしたら報酬を与える」という条件付きの報酬は、「機械的」なルーチン作業には効果があるものの、創造性が求められる複雑で「発見的」な仕事においては効果が低いのだ。 これまで「モノを売る」営業という仕事はシンプルでルーチン的な要素も強かったが、いまでは発見的な技能が求められるようになっている。こうした変化にいち早く気づき始めた企業もある。ある半導体メーカーでは、基本給60%、歩合給40%という営業職の報酬体系を、90%の基本給と残りの10%を全社の業績や売上高の増加率に連動させるように改め、大きな成功を収めている。

ダニエル H. ピンク著述家

PDF論文:4ページ[約1,872KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

2004年6月号

新たな地平を切り拓く

2004年:パワー・コンセプト20選

『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集部 

ラケシュ・クラナ ハーバード・ビジネススクール 助教授

リチャード・フロリダ トロント大学ロットマン・スクール・オブ・マネジメントのユニバーシティ・プロフェッサー

エイドリアン・スライウォツキー マーサー・マネジメント・コンサルティング マネージング・ディレクター

デイビッド・ナドラー マーサー・デルタ・オーガニゼーショナル・コンサルティング CEO兼会長

ダイアン L. クーツ 元『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニア・エディター

クレイトン M. クリステンセン ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ジョエル・クルツマン プライスウォーターハウス・クーパーズ グローバル・リード・パートナー

ロバート・サットン スタンフォード大学 エンジニアリング・スクール 教授

ダンカン・シメスター マサチューセッツ工科大学 スローン・スクール 助教授

ダニエル H. ピンク 著述家

ジョセフ・フラー モニターグループ CEO

ブロンウィン・フライヤー ハーバード・ビジネス・レビュー シニア・エディター

クリス・メイヤー 著述業

ハーミニア・イバーラ INSEAD教授

ガーディナー・モース 『ハーバード・ビジネス・レビュー』のシニア・エディター。

イクバル・クアディール グラミンフォン 創設者

エレン・ピーブルス HBR シニア・エディター

クレイ・シャーキー ニューヨーク大学 教授

トーマス A. スチュワ HBR 編集長

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない