2020.08.25

仕事を何度も中断されても注意力を維持する方法

「注意残余」をどうすれば抑止できるのか

ソフィー・ルロイ

ソフィー・ルロイ

ワシントン大学ボセル校スクール・オブ・ビジネス准教授

主な研究分野は、仕事に対する時間と注意の管理・配分と、中断がパフォーマンスに与える影響。「注意残余」という概念を生み出し、仕事や生活の中で注意力を高める方法を研究している。

テレサ M. グロム

テレサ M. グロム

ミネソタ大学カールソン・スクール・オブ・マネジメントのトロ・カンパニー=デイビッド M. リリー記念講座教授

画像

組織行動学を担当。主な研究テーマは、労働者の幸福、ワークハック、深い省察を促すための小さな行動、マインドフルネス、仕事における志向性。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

DHBR2020年11月号『ワーク・フロム・ホームの生産性』発売!
定期購読のご案内
EIシリーズ最新刊『自信』
新型コロナウイルスの危機をどう乗り越えるか
デジタル時代のHR戦略
デジタルトランスフォーメーションの衝撃
論文セレクション

アクセスランキング

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

2020年11月号

特集:ワーク・フロム・ホームの生産性

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによっては販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合もございます。)

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない