Catherine Falls Photography/Getty Images

フランチェスカ・ジーノは、ハーバード・ビジネス・スクール教授であり、妻であり、7歳から6ヵ月までの4人の子どもを育てる母親でもある。このマルチタスクをどうこなしているのかと尋ねられたとき、ジーノは完璧にはやっていないと答える。現在のような特殊な環境で、仕事でも私生活でも完璧であることなど不可能だ。自分への期待を下げて、完璧ではなく幸せな人生を送るための4つのルールを紹介する。


「いったい、どうやっているの?」。最近、ビデオ会議や電話で本題に入る前に近況報告をしていると、クライアントや同僚、友人からさえもよく言われるのがこの一言だ。

 これを言われると私はいつも驚く。私は教鞭を執る教授で、さまざまな組織にアドバイスをするコンサルタントでもある。研究者でもあり、同僚と複数のプロジェクトに携わっている。

 妻でもあり、献身的に働く配偶者とロックダウン中にデートを楽しむ方法について創造力を働かせようとしている。4人の子どもの母親でもあり、一番上の子どもは7歳、一番下は6ヵ月になったばかりだ。

「いったいどうやっているの?」と聞かれたとき、私はこう答える。「やってないの!」。少なくとも完璧にはやっていないし、うまくできていないときもある。

 私と同じように、新型コロナウイルスの危機が起きて以来、世界中の多くの働く大人たちが、たくさんのタスクを同時にこなしている。困難な現実や辛い経験について不満を漏らす人の声をたくさん聞いた。

 第一線で働く人たちやウイルスに感染した人たち、そして最近の人種差別的な事件で心に傷を負った人たちを含め、多くの人が極度の困難に直面しているのは間違いない。しかし、もっと小さな困難に対処している私たちにとって、1日の終わりに眠りにつくとき満足するか、失望するかの違いは、自分自身で設定した期待と大きく関係していると私は考えるようになった。

 自分の基準を下げてみよう。もっとよいのは、この時期を利用して、自分の基準を無理のないものにすることだ。

 私はそれを実践するために、4つのシンプルなルールを大切にしている。