Adam Gault/Getty Images

新型コロナウイルスの感染拡大で景気が後退し、職を失う人が増えている。解雇を言い渡される経験は、本人にとって受け入れがたいことだ。また本人だけでなく、周囲の人間も冷静ではいられない。気まずさから放っておくのも薄情だが、一方的なアドバイスは相手を不快にさせるだけだ。本稿では、解雇されたばかりの同僚を適切にサポートする3つの方法を紹介する。


 レイオフ(一時解雇)の通知を受け取るのは、当然ながら、腹立たしく、受け入れがたい経験だ。だが、周囲がレイオフを言い渡される中、自分がそれをまぬがれたときも、微妙な問題が生じる。どうすれば気まずい思いをせずに、あるいは、上から目線だと思われずに、同僚をサポートできか、だ。

 何と言っていいかわからないからといって、何も言わないでいると、冷たいと思われるかもしれない。しかし、やたらとアドバイスや励ましの言葉を浴びせかけるのは、相手にとって最も嫌なことだろう。

 そこで、レイオフされたばかりの同僚のためになる支援法を3つ紹介しよう。