Gandee Vasan/Getty Images

自分が前進できているかを確認するために、他人のキャリアと比較するのは自然な行為だ。その結果を仕事のモチベーションにつなげられる人もいれば、劣等感で押し潰されてしまう人もいる。その違いはどこにあるのか。本稿では、羨望を成功の原動力に変えるための4つの戦略を示す。


 我々は皆、人生のさまざまな場面で自分と他人とを比べる。競争社会で成功しようと思ったら、周囲と比較し、自分が順調に前進しているかどうかを確認することは、ごく自然なことだ。また、達成欲求が強い人にとって、定期的な対人比較は動機づけになり、仕事で成功するための明確な目標設定の手段になる。

 しかし、他人と自分のキャリアを頻繁に比較する人は、他人の業績に劣等感を抱き、苦しい羨望の念に陥ることがある。最近の調査によれば、過去1年間に誰かを羨ましいと感じたことのある人は、75%以上いた。羨望が動機づけになる人もいれば、それが成功のじゃまになる人もいる。

 以下、比較することの苦しさをその場でやめ、羨望を力に変えるために実践できることを紹介しよう。