2006年4月号

分析力で勝負する企業

新たなる競争優位の獲得

トーマス・H・ダベンポート :バブソン大学 教授

トーマス・H・ダベンポート

バブソン大学 教授

いまや、データや情報を収集・分析し、活用するのはどんな企業でも行われていることだ。しかしアマゾン、キャピタル・ワン、P&G、マリオット・インターナショナルなどは、こうした分析力を組織能力にまで高め、競争優位を獲得し、高業績を実現している。筆者たちはこれら企業を「分析力で勝負する企業」(analytic competitor)と呼び、その特徴とビジネス・スキルについて整理を試みた。共通するのは、モデリングを採用し、分析活動を全社的に統合していること、そして経営陣の強力な後押しがあることだ。そして強みの源泉は、膨大なデータを分析できるITではなく、明確な戦略を持ち分析力に長けた有能な人材を確保していることにある。

トーマス・H・ダベンポートバブソン大学 教授

PDF論文:13ページ[約1,075KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない