(1)確率論的な不確実性

 確率論的な不確実性とは、リスクの度合いがはっきりしない状況のことだ。

 どのような結果が生じるかがわからないだけでなく、さまざまなシナリオが現実化する可能性が、どの程度あるのかもわからない。たとえば、同じ属性のほかの人たちに比べて、あなたのリスクはどのくらい高いのか。同じ年齢の人たちと比べてどうか。同じ地域に住む人たちと比べてどうか。同じような行動を取っている人たちと比べてどうか。

 この種の不確実性に対する認知面での対策としては、まず、自分が同じ属性のほかの人たちと同様のリスクにさらされていると認識すべきだ。

 研究によると、人は、自分が病気などの悪い出来事に見舞われるリスクを過小評価する傾向がある。こうした「自己肯定バイアス」を克服しなくてはならない。

 自分もほかの人たちと同じようなリスクにさらされていると認識し、リスクを減らすのに有効だとわかっている行動を取るべきだ。頻繁な手洗い、公共の場でのマスクの着用、ソーシャル・ディスタンスの徹底など、専門家が推奨する行動を遵守すればよい。マスクを着けずにスーパーマーケットに入店し、怒鳴られるようなことは避けよう。

 情緒面での対策としては、自分とほかの人たちが同様のリスクにさらされているという事実を受容して、同じ境遇にある人たちへの共感を抱くことが有効だ。

 そのうえで、友人、家族、近所の人など、自分にとって大切な人たちとバーチャルな手段でつながろう(可能な場合は、適切なソーシャル・ディスタンスを取ったうえで対面してもよい)。みんなが同じ運命を共有していることを理解し、この危機を乗り越えるために、誰もが最善を尽くしているのだと思う必要がある。