2006年4月号

エビデンス・マネジメント

直観や経験に依存した意思決定を超える

ジェフリー・フェッファー

ジェフリー・フェッファー

スタンフォード大学経営大学院 教授

ロバート・I・サットン

ロバート・I・サットン

スタンフォード大学 エンジニアリング・スクール 教授

経営者が日常的に下す意思決定の根拠は意外にあいまいだ。個人的な経験の過大評価や、話題の経営手法をそれだけの理由で安易に導入するケースは珍しくない。実効性が定かでないにもかかわらず、いかがわしい秘策や、生かじりの解決法を経営者に勧める人々も後を絶たない。ここ十数年、医療分野では、最新かつ最善の科学知識に基づく医療行為が急速に広がり、効果を上げている。いわゆるEBMだ。同様に、本当に効果がある経営手法は、実は簡単に手が届くところにある。にもかかわらず経営者は、そうした情報をまだ十分に活用しているとはいえない。

PDF論文:18ページ[約2,361KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない