2006年4月号

意思決定科学の歴史

古代占星術から複雑系科学まで

リー・ブキャナン

リー・ブキャナン

HBR シニア・エディター

アンドリュー・オコネル

アンドリュー・オコネル

HBR マニュスクリプト・エディター

有史以前から現代に至るまで、哲学、数学、経済学、心理学など、さまざまな学問の叡智を総動員し、優れた意思決定を下す方法が模索されてきた。いまでは、技術進歩や学術研究の高度化もあいまって、さまざまな意思決定手法が開発され、さらなる研究が続けられている。特にこの半世紀においては、人間の不完全性を前提とした研究がさかんになり、コンピュータよりも、人間の直感のほうが優れているという報告もある。経験主義から合理主義へ、そしてまた経験主義の再考へと、意思決定の科学はダイナミックな動きを見せている。

リー・ブキャナンHBR シニア・エディター

アンドリュー・オコネルHBR マニュスクリプト・エディター

PDF論文:13ページ[約2,082KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

2005年6月号

既成概念を打破する

2005年のパワー・コンセプト(下)

『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集部 

デニース・カルーソ ハイブリッド・ビガー・インスティテュート 事務局長

トーマス H. ダベンポート バブソン大学の特別教授。経営学・情報技術を担当。

リー・ブキャナン HBR シニア・エディター

ヘンリー W. チェスブロー カリフォルニア大学バークレー校 ハース経営大学院 センター・フォー・オープン・イノベーション エグゼクティブ・ディレクター

ケネス・リーバサル ミシガン大学 教授

ヨッヘン・ウィルツ シンガポール国立大学 ビジネス・スクール

ロイゾ・ヘラクレアス オックスフォード大学 テンプルトン・カレッジ 特別研究員

メアリー・キャサリン・ベイトソン 文化人類学者

ジェフリー・ローゼン ジョージワシントン大学 法科大学院 教授

ティーハ・フォン・ギーツィ ボストン コンサルティング グループ ストラテジー・インスティテュート 特別研究員

ジャニス・アントノビクス バージニア大学 教授

ジェフリー・フェッファー スタンフォード大学経営大学院 教授

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない