2006年5月号

新興市場を制する「臨戦待機」の戦略

中国、ブラジルで躍進する企業の成功パターン

ドナルド・N・サル :ロンドン・ビジネススクール 准教授

ドナルド・N・サル

ロンドン・ビジネススクール 准教授

変動の激しい市場では不確定要素がからみ合い、予想外の結果をもたらすので、長期予測に基づいて競争優位を築くというアプローチが通用しない。いまだ政治も経済も不安定な中国とブラジルの主要企業を調査したところ、不確実性を乗り切った企業は、「臨戦待機」の姿勢を崩すことなく、いつ来るかわからないチャンスやピンチに備えていることが判明した。

ドナルド・N・サルロンドン・ビジネススクール 准教授

PDF論文:12ページ[約1,583KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない