2020年8月号

廃棄物削減には業界を超えた協働が欠かせない

[インタビュー]プラスチックストローの削減から始まる

トム・ザッキー

トム・ザッキー

テラサイクル 創業者兼CEO

同社は2003年に持続可能な肥料メーカーとして出発し、リサイクルソリューションシステムの提供で有数の企業となるまでに発展した。2019年に同社はループを立ち上げた。ループは消費財メーカーや小売業者に、再利用可能パッケージへと軸足を移させることにより、リサイクル業界に創造的破壊をもたらすことを目指している。

ローラ・アミコ

ローラ・アミコ

『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニアエディター

廃棄物削減において世界的に注目されている起業家がいる。かねてよりリサイクルサービスを提供し、近年はプラスチック包装材を用いない循環型の仕組みをつくり、世界的な消費財メーカーや小売業者らがそこに参加している。消費者や事業者、そして政府などの多様なプレーヤーを巻き込まなければ実現できない廃棄物削減において、何がポイントになるのだろうか。テラサイクル創業者兼CEOのトム・ザッキ-氏にHBR編集部がインタビューした。
PDF論文:7ページ[約1,375KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない