●スキルを磨く

 就職してからの重要な仕事の多くは、大学の教室で学んだこととは違う。そこで使われるスキルは、あなたが希望する職種で必須ではないかもしれないが、あれば就職活動で間違いなく有利になるものがある。

 それは、その業界ではよく使われるプログラミング言語やソフトウエアかもしれないし、一部の業界で好まれる営業テクニックかもしれない。こうしたユニークなスキルを調べよう。あなたが関心のある会社で働く人のリンクトインを調べてみてもいいだろう。

 応募書類を作成している間も、こうした能力を継続して伸ばす方法を探そう。オンラインコースを利用したり、本を読んだり、専門家が集まるオンラインフォーラムに参加しよう。

 スキルを磨くことには、2つの恩恵がある。1つは当然ながら、あなたが応募条件を満たす仕事の幅が広がることだ。

 もう1つは、さほど自明でないかもしれないが、あなたの勤勉性をアピールするチャンスになることである。採用面接で「私は自発的に行動する人間です」と言う人は多いが、採用通知を待っている間に学んだことを具体的に示せる人は少ない。