Arthur Debat/Getty Images

社会的距離を保つことが必須となり、人脈づくりの機会が滞っていないだろうか。たとえバーチャルな環境であっても、人との関係を深めてあげることはできる。ただし、対面のパーティなどとは異なる工夫が必要だ。本稿では、ネットワーキング・イベントの主催者が留意すべきポイントを具体的に示す。


 世界中でソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)を保つという制約が課せられているいま、ネットワーキング(人脈づくり)はあなたの意識からすっかり遠のいているかもしれない。だが、直接会ってつながることができないからといって、ビジネスの関係まで停滞させなくてもよいはずだ。

 私たちはニューヨーク市で定期的にネットワーキングのディナーを共催してきたが、当面はできそうにない。その代わりとして、バーチャルなネットワーキングイベントを開催している。

 たとえ離れていても活発なつながりを継続するのに役立つ、いくつかのベストプラクティスを紹介しよう。