2006年5月号

インドの成長力は本物である

その経済発展は最低でも三〇年続く

アルン・クマール・ジャイン :インド経営大学院ラックナウ校 教授

アルン・クマール・ジャイン

インド経営大学院ラックナウ校 教授

中国が「世界の工場」ならば、インドは「世界のバック・オフィス」である。しかし、いつまでもオフショアリングの基地という評価に甘んじてはいない。いまやソフトウエアやITサービスのみならず、バイオテックやエンジニアリング、医療といった知識集約型産業もグローバル化に向かっており、しかも欧米企業を次々に買収し、その勢力範囲を拡大しつつある。インドの高業績企業二〇社のマネジメント・エクセレンシーに関する調査・分析をまとめたCorporate Excellenceの著者が、さまざまなインド企業の事例を紹介しながら、加速するインドのグローバリゼーションについて解説する。

アルン・クマール・ジャインインド経営大学院ラックナウ校 教授

PDF論文:14ページ[約1,606KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない