2006年6月号

いまこそマネジメント・イノベーションを

永続的な競争優位を求めて

ゲイリー・ハメル :ロンドン・ビジネススクール 客員教授

ゲイリー・ハメル

ロンドン・ビジネススクール 客員教授

GE、デュポン、P&G、リナックス、トヨタに共通するものは何か。それは、マネジメント・イノベーションを繰り返し続けていることである。彼らは、産業界の常識や定説に背を向け、あえて前人未踏の道を歩むことで、他社がおいそれとは真似できない、独自の流儀を編み出した。マネジメント・イノベーションは、持続的な競争優位を生み出すことを、だれもが知っていながら、そのほとんどが挫折するか、はなから諦めている。しかしもう一度、チャレンジしてみようではないか。

ゲイリー・ハメルロンドン・ビジネススクール 客員教授

PDF論文:16ページ[約853KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない