PM Images/Getty Images

新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐために、在宅勤務を続けている人は多いだろう。職場と自宅が一体化すると、仕事モードから私生活モードへの切り替えが非常に難しい。本稿では、仕事の時間とプライベートの時間を上手に切り替えて、それぞれを集中して楽しむための4つのヒントを紹介する。


 体がある場所に心も常にあるとは限らない。デスクに向かっていても、目の前の仕事よりも家の修繕のことで頭がいっぱいかもしれない。食卓にいても、一緒に食事をしている人より、仕上げなくてはならない企画書のことを考えてしまうときもある。

 だからこそ、仕事モードから私生活モードへの切り替えは、とても大切だ。とりわけ在宅勤務では、意識的に切り替える努力が必要である。周囲の環境の変化によって自動的に切り替えることができないからだ。

 時間管理のコーチとしての私の経験により、仕事のときでも、個人の時間を楽しむときでも、上の空にならず、体と心がいつも同じ場所にあるようにする方法を、いくつか紹介しよう。