2020年6月号

ビジネス実験を重ねる文化が企業を成功に導く

なぜブッキング・ドットコムは急成長できたのか

ステファン・トムク :ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ステファン・トムク

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ハーバード・ビジネス・スクールのウィリアム・バークレー・ハーディン記念講座教授。経営管理を担当。著書にExperimentation Works: The Surprising Power of Business Experiments, HBR Press, 2020.(未訳)がある。

フェイスブックやグーグルなどの巨大デジタル企業では、マーケティングやイノベーションのあり方が一変している。新しい製品やサービスは、開発段階でユーザーに使用してもらう「実験」を行い、その反応を見て、改善や中止などを決めているのだ。一方、多くの企業は、失敗回避という価値観が根強く、こうした手法は受け入れがたいのが実情である。しかし、実験を活用する企業文化には多くの効用がある。社員の好奇心が育まれ、データが尊重され、実験が全社員に身近になって倫理的に実施され、経営者が新たなリーダーシップモデルを採用するようになる。ブッキング・ドットコムの成功事例をもとに、実験文化の構築と効果を分析していく。
PDF論文:13ページ[約1,914KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない