2020年6月号

A/Bテストの3つの落とし穴を回避する方法

ネットフリックスやリンクトインに学ぶ

イヤボール・ボジノフ

イヤボール・ボジノフ

ハーバード・ビジネス・スクール 助教授

ハーバード・ビジネス・スクールのテクノロジー・アンド・オペレーションズ・マネジメント・ユニット助教授。それ以前はリンクトインのデータサイエンティストとして、因果推論に関するプロジェクトを統括した経験がある。

ギョーム・サンジャック

ギョーム・サンジャック

リンクトイン 計算社会科学担当リード

前職はリンクトインの実験科学チームの技術担当リード。

マーティン・ティングレイ

マーティン・ティングレイ

ネットフリックス 実験的研究担当リード

ネットフリックスで製品の実験的研究を束ねるリード。インシュアランス・オーストラリア・グループでの勤務経験のほか、ペンシルバニア州立大学で助教授を務めたこともある。

新製品の発売や既存製品の改良に踏み切るべきか否か、踏み切るならいつが最適か、未開拓の市場や顧客セグメントに進出すべきかどうか、どのように進出すべきか、各事業に資金をいかに配分すべきか──。多くの企業にとって、A/Bテストはいまや製品開発サイクルに欠かすことができないものである。しかし、企業は実験を実施する際に深刻な間違いを犯すことが多い。本稿では、これらの落とし穴を避ける方法として、ネットフリックスとリンクトインで成果を上げた手法について紹介する。
PDF論文:8ページ[約1,451KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない