2020年6月号

パーソナルデータの保護と利用をめぐるジレンマ

ユーザーの同意を本当に得られているのか

レスリー K. ジョン :ハーバード・ビジネス・スクール 准教授

レスリー K. ジョン

ハーバード・ビジネス・スクール 准教授

ハーバード・ビジネス・スクールのマービン・バウワー記念講座の准教授。

ウェブサービスでは、パーソナルデータを収集して、顧客のターゲティングや差別優遇のために利用・販売するのが、主流のビジネスモデルとなっている。その結果、ネット上では監視経済が広がり、プライバシーの侵害が起きている。消費者は個人情報についての説明を受け、納得し、同意したうえで提供していると企業は言うが、実際はその事実に無頓着か、被りうる不利益を見極められない消費者が大多数である。一方、企業の情報の収集により、消費者が恩恵を受ける面もある。個人情報の提供によるリスクと恩恵。このバランスをいかに取るか、そのための制度設計はどうすべきかを考察する。

レスリー K. ジョンハーバード・ビジネス・スクール 准教授

PDF論文:13ページ[約1,321KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない