●状況に対する見方を変える

 自分は同僚をがっかりさせているとか、あるタスクを完了できない自分の無能さに上司がいら立っているなどという不満の声が頭の中で聞こえたら、そのようなネガティブな反芻のあるがままの姿を知るべきだと、グラントは説明している。それは「自分が自分に語っているストーリー」にすぎないのである。

 結局のところ、「客観的に見て、あることに関して、あなたが申し訳ないと感じなければならない理由はない。その状況に対するあなたの解釈で、そう決めている」のだとグラントは述べる。「何もかも自分のせいだと決めつけている」

 この機会に、そうした状況のとらえ方を変え、再評価すべきだ。「別の視点から見る方法はあるだろうかと、自分に問いかけてみよう」。そうすれば、たとえば「今日はよく働いたし、できる限りのことをやった。明日はもっとできると期待しよう。それに、同僚はたぶんわかってくれるだろう。彼らも忙しいのだから」と思えるかもしれない。

 ●自分の生産性の全体像を把握する

 何が妨げになって「やることリスト」にある事柄を成し遂げられないのか、要因を考えてみることも役に立つ。そうすれば、どうにもできない状況ゆえであるケースが少なくないことがわかるはずだ。

「なぜできないのかを考えると、たいていは他人に必要とされ、その求めに対応しているからだと気づくはずだ」とジョンソンは語る。「顧客や同僚、上司、時には家族の場合もある。彼らの求めに応じて、あなたは手助けしているのだ」。

「今日、私は何をやり遂げたか」という問いを「今日、私はどんな貢献をしたか」に置き換えるようジョンソンは勧めている。そうすれば、あなたの生産性が思ったよりも高いことに気づくはずだ。

 ●自分の限界を認識する

 仕事にまつわる罪悪感の中には、自分の潜在能力を十分に発揮できていないことを恥じる感情が含まれる。「もっと一所懸命に、もっと長時間働けば、もっと達成できる」と考えてしまうのだと、グラントは語る。

 このような焦りをかき立てる原因は、「成長マインドセット(グロース・マインドセット)の神話」に由来する部分もあるだろう。昨今の職場では誰もが、努力さえすれば、常に何かを改善する余地があると教え込まれている。しかし「改善は常に可能だろうが、同時に目標も改善される必要がある」とグラントは述べる。

 当然、その目標を達成するためには時間とエネルギー、リソースが必要である。したがって、自分が思い描いたような成功を遂げていないために最悪感を抱いていると気づいたら、そうした感情は「自分の限界を認めたくなくて」表出しているのだと認識しようと、グラントは言う。

 さらに「自分にとってそれほど重要ではないことはやらない」必要があるとも言う。「何かをしないという選択をするのは、できないと思うからであってはならない。自分の時間とエネルギーを費やす価値がないと判断したからであるべきだ」。つまり、「取り組むべきものを選んで、残りを捨てる」のである。