2020年5月号

顧客こそ企業価値の源泉である

見えざる資産を測定し最大化する

ロブ・マーキー :ベイン・アンド・カンパニー パートナー

ロブ・マーキー

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

ベイン・アンド・カンパニーのパートナー兼ディレクター。同社グローバル・カスタマー・ストラテジー・アンド・マーケティング・プラクティスの創設者でもある。The Ultimate Question 2.0, Harvard Business Review Press, 2011.(邦訳『ネット・プロモーター経営』プレジデント社、2013年)の共著者で、ネット・プロモーター・システムのポッドキャストのホストも務める。ニューヨークを拠点に活動。

顧客ロイヤルティが高い企業は、同業他社と比べて売上高成長率や株主利益率が高い。この視点からの分析により、企業が好業績を上げるために取るべき4つの戦略を提示する。顧客価値を測定する仕組みをつくり、その運用に必要なテクノロジーに投資し、デザイン思考を活かして顧客ロイヤルティを培い、顧客ニーズを柱にして事業を組み立て、組織とステークホルダーをこうした変革に巻き込むことである。

ロブ・マーキーベイン・アンド・カンパニー パートナー

PDF論文:12ページ[約1,308KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない